Soul Boatとは

南洋に浮かぶ小さな村で、不思議なものに出遭った。家の梁に麻の紐で括られた、長さ10cmほどの小さな木彫りの舟だった。
それは「Soul Boat」、つまり、魂の舟と呼ばれていた。

「海の向こうの大地が大きな波に飲み込まれた時、自分たちの先祖は小舟に乗ってこの島に辿り着いた」
長老は常日頃、若者にそう語っていた。

ムー大陸の伝説やノアの箱舟にも似た、不思議な話である。この寓話をもとに、僕はソウルボートという事務所を立ち上げた。
映画制作に携わるスタッフは「フィルムクルー」と呼ばれる。たしかに我々は、まだ見ぬ作品の成就に向けて、力を合わせてひとつの舟を漕いでいく乗組員である。
だが、単なる職場仲間ではない。

なぜなら、その舟には、ひとりひとりの熱を帯びた魂が、見事に充満しているのだ。

2000年7月 

映画監督 瀬木直貴


映画監督 瀬木直貴

1963年、三重県出身。立命館大学を卒業後、プロダクション勤務を経てフリーへ。
現在、映像制作会社ソウルボート株式会社代表取締役。
映画監督/TV・CFディレクター/エッセイ・コラムの執筆/環境・人権に関する講演活動、各地のまちづくりアドバイザーも務め、活躍の場は多岐にわたる。
自然や地域コミュニティーをモチーフにした作品に定評がある。
みえの国観光大使・四日市市観光大使・明和町観光大使・福島県しゃくなげ大使・宇佐市観光交流特別大使。2008年市制111周年記念・四日市市民文化奨励賞受賞。

公開中の映画

mother lake