NEWS

第6回菰野ふるさと映画塾③

大変お待たせしました!
第6回菰野ふるさと映画塾のレポート第3弾♪ 最終回です!

気付けばもう7月・・・
菰野ふるさと映画塾がおわってもう1週間以上経つのですね、時の流れは早い・・・

第1弾では開会式から始まり、企画会議・脚本・ロケハン、そして第2弾では撮影・編集をしていきました!

3日目で最終日となる第3弾は、待ちに待った上映会です♪♪

・・・とその前に忘れていませんか?

 

そう、タイトルが決まってないことを!!!!!

その作品がどんな物語なのか、見ただけで観る側の想像力をかきたてるタイトルにしなければいけません。
たとえ中身がいい作品だとしても手にとってもらえる機会を逃してしまうかもしれないほど重要な作品タイトル。

3日目はそんな重要なタイトル会議から始まります!!

 

3日目 ~タイトル会議・上映・閉会式~

 

朝食のバイキングを済ませ、3日目の作業開始!

タイトル会議に入った両チーム。

各々で考えたタイトルを絞り出していきます。

世の中に出ている作品のタイトルがどのような意味合いを持つか、また語呂の良さなどをヒントにしてどのタイトルが相応しいかを考えています。

クマさんチームはタイトルがまとまっている様子!

 

カモシカさんチームは編集された本編をあらためて鑑賞しています。本編映像から連想し、タイトルを導く作戦です。

タイトル選びもまた、大変な作業ですし責任重大ですがなかなか楽しいものもありました♪

 

タイトル会議の隣では音楽の杉野先生が作曲作業をしています!

本編のイメージをすり合わせて次々に作曲していく杉野先生。

同時進行でエンドロールのクレジットも作成していきます。

ここでは撮影に携わった方々の名前をいれていきます。

直接御挨拶できなかった方や、自分たちの目に見えないところで協力してくださった方もいて、あらためてたくさんの人々のおかげで出来た作品だと実感。
エンドロールのクレジットは感謝の気持ちの表れでもありますね。

 

昼食を摂りつつ、タイトル会議が無事終了。

あとは最終編集・音入れになるので、その間参加者の塾生は少しお休み。

講師の方々の作業を見学するもよし、談笑したり、ホテル内でお土産を見たりなど自由な時間を過ごして完成を楽しみに待ちます。

そのうちの何人かでホテル周辺のハイキングに行ってきました♪

本来は一般開放されていませんが、特別にホテル湯の本の屋上に上がらせていただきました!
この日はあいにくの曇り空でしたが、上から見る菰野の景色は曇り空でも絶景で、ハイキングメンバーも心奪われます。

森塾長から菰野についての歴史や文化、そして現状の環境問題の話も聞きました。
今目の前に映る美しい景色や森、町並みを守っていくために、その地域に住んでいない私たちも何か考えなければいけないですね。

この映画塾の良さは、作品作りの楽しさや難しさを学ぶだけでなく、その地域の特性や素晴らしさも作品に込めることができるというところが大きいと思います。

 

その他にもたくさん特別な場所に行かせていただきました!!

公式では載せられないものもあるのが残念・・・!
次回菰野映画塾に参加される方は森塾長におねだりしましょう!(笑)

ハイキングメンバーでパシャリ☆

はじめから気さくな方々ばかりでしたが、どんどん打ち解けて最終日にはこんなに仲良しに♪

 

さて、ホテルに戻りいよいよ上映会!

毎年森塾長からテーマが発表されますが、第6回菰野ふるさと映画塾のテーマは「事件」でした!

映画の中ではどんな事件が巻き起こるのでしょうか・・・?

まずはじめに森塾長のお話。

講師の方々が準備してくださっています。

そしていよいよ本編が始まる・・・と思ったところでちょっとした機材トラブルが(;^_^A
ハプニングはどこでもつきものですね!これも事件!(笑)

 

機材を調整している間にボランティアスタッフで来てくださった大道芸人のもちづきやよいさんが大道芸を披露してくださいました♪


南京玉すだれ~!!!

やよいさん、ありがとうございました♪

 

準備が整い、上映会が始まります。

はじめはクマさんチームの作品から。

瀬木先生がこの3日間を振り返り、上映スタート。


クマさんチームのタイトルは「・・・のこと。」です。

少年とその姉が両親の愛情を試すために、家族の中でひと夏の「事件」を起こす話でした。

ほとんど室内ロケだったにもかかわらず、さまざまな角度でシーンが変わっていくのが楽しかったり、出ている登場人物の表情が繊細でその人の感情がリアルに伝わりました!
タイトルの「・・・」のところを観る側に連想させるところも素敵だと思いました。

上映が終わり、クマさんチーム舞台挨拶。

クマさんチームの皆様、お疲れ様でしたっ♪

 

お次はカモシカさんチームの作品。

作道先生も3日間を振り返り、上映スタート。


カモシカさんチームのタイトルは「フォレストライト」です。

旅館で働く内気な青年がある「事件」をきっかけに人と向き合い、成長していくストーリー。

主人公の苦悩と行く末が森とリンクしていて、誰しもが経験するもどかしいときや葛藤などがうまく表現されていました。
そして後半に差し掛かるにつれ、今までのシーンのカラクリに気付いて「そういうことか!」と驚かせる展開でした!

カモシカさんチームも舞台挨拶。


カモシカさんチームもお疲れ様でしたっ♪

 

そのあとは閉会式!
森塾長から参加者全員に修了証書とLOOKのチョコレートが配られます。

 

閉会式が終わり、お疲れ様会をして第6回菰野ふるさと映画塾は終了しました!

本編を見てそれぞれ反省点はあるも、参加者の皆様の表情は達成感と充足感で満ちているようにも見えました。

 

本当に皆様お疲れ様でした!!!!!

そして講師の方々、御在所ロープウエイの皆様、撮影協力してくださった方々。
ありがとうございました!!!!!

たくさんの方々に支えられて素敵な映画ができました(*^-^*)

 

またいつか、お会いできるのを楽しみにしております・・・♪

 

ソウルボート スタッフ

2019年07月03日

公開中の映画

mother lake