NEWS

第6回菰野ふるさと映画塾①

2019年6月21(金)・22(土)・23(日)の3日間

第6回菰野ふるさと映画塾が開催されました!

3日間かけて企画・脚本・撮影・編集を合宿形式でおこない、約10分の短編映画を製作する菰野ふるさと映画塾。

今回は、男女・年齢ともに幅広い方々が参加してくださいました!
その様子をレポートします♪

 

1日目 ~企画・脚本作り・ロケハン~

 

森 豊塾長の開校の挨拶からスタート!

森塾長の軽快なトークに参加者の方々やスタッフも笑顔に。
噂によると森塾長は落研(落語研究会)に所属してたそうで・・・!どおりでトークが上手いわけですね(^^)

つぎに講師陣の自己紹介。

主任講師を務める映画監督 瀬木直貴講師

 

映画監督・脚本家 作道雄講師

 

撮影・編集担当 橋ヶ谷典生講師

 

そして今回初めて講師をしていただく演出・編集担当 SYANSON講師

SYANSON先生はなんと第1回菰野ふるさと映画塾の塾生でした!

先生と教え子の夢の共演です♪

 

3日目には音楽を担当する杉野弘樹講師が来てくださいました!

 

この5人のプロの講師によって映画作りのノウハウを教えていただきサポートしてもらいます!

 

はじめに座学。

①企画

②脚本

③撮影

④編集

と講師陣が映画作りのプロセスを説明していきます。

今回ボランティアスタッフとして来てくださった俳優の鈴木ただしさんにも俳優の心得を特別に講義してくださいました!!

鈴木さんは以前の映画塾でも講師をしてくださっていました♪

 

座学が終わり、2つのチームに分かれて企画構成をしていきます。

今回は瀬木・SYANSON率いるクマさんチームと、作道・橋ヶ谷率いるカモシカさんチームです♪
どんな物語にするかを一人一人案を出し合います。

昼食をとりつつ、企画を考えたら脚本作りとロケハンが始まります。

クマさんチームは映画塾常連様も多いからか作業が慣れています!
さまざまな意見を取り入れ、企画・脚本・ロケハンと進めていきます。

カモシカさんチームは映画塾初参加の方多数!
企画や脚本が難航している場面も・・・

一人一人の個性がぶつかる企画段階は楽しくもあり、難しくもありますね。
ですが皆さんそれぞれの意見を尊重し、より良い作品作りをするために奮闘します。

作業ペースに違いはあるも、どちらのチームも抜かりがありません!
プロアマ関係なく真剣です。

 

気付けばロケハンも終わり、撮影準備(脚本検討・稽古・撮影スケジュール作成・小道具製作など)を終え、夕食の時間に。

今回もホテル湯の本さんにお世話になります!

宿泊させていただくホテル湯の本さんは景色も施設内もとても素敵ですが、とにかくご飯が美味しい!😋

1日目の夕食はこちらでした。
お蕎麦に見えますがこちらは地元の名産「まこも茸」をたっぷり使用した、まこも素麺!
主食からデザートまで本格的です。

この日の夕食はクマさんチームとカモシカさんチームに分かれて明日の撮影の話だったり、個人の話をしたりしてたくさんコミュニケーションをとりました♪
参加者の方々も美味しいご飯に舌鼓を打ち、緊張もほぐれた様子🎶

夕食が終わって、少し休憩をしてまた作業再開!

映画脚本を検討しつつ、隣では橋ヶ谷講師中心に撮影技術講習が行われています。

大きなカメラやガンマイク、テレビの世界でしか見たことのないような機材に参加者も興味津々です♪

 

1日目の映画塾はこれで終了。

各々温泉に入ったり、次の日の撮影に向けて調整したり自由な時間を過ごします。

2日目はいよいよ撮影!
天気予報はあまり芳しくない模様・・・・・・

どんな現場になるでしょうか・・・?

 

②に続く!!

2019年06月25日

公開中の映画

mother lake